遥かなる未来のために(青龍)
目次
主な登場人物・他
一、火種
ニ、波紋
三、磐余の里
四、ふるさと
五、激動の渦
六、吾が子の将来
七、上之宮の人々
八、河内湖
九、日羅召喚
十、明日は我が身
十一、あらがえぬ運命
あとがき

『遥かなる未来のために(青龍)』

著者の「朝皇龍古(あさみりゅうこ)」さんはけいはんな都市クラブ会員の「鏡清澄」さんの奥様です。

【書評】

「まだこの国が、大和王権の下に一国にまとまってはいなかった頃」の書き出しで始まるこの小説・・・日本創生期に何が起きていたのか、どんなふうにして日本国が形成されていったのか、国造りの原点を示唆する書。

【概要】

日本がまだ大和と呼ばれていた時代、

そこには、海外の国と向き合い、新しい文化を取り入れながら、国造りに真剣に取り組んだ人々がいた。

この本は、聖徳太子をはじめ、理想と現実の狭間で懸命に生きた人達の物語の序章である。

著者:朝皇龍古(あさみ りゅうこ)
1952年生まれ
古代歴史研究家、小説家
研究分野:
東アジアの中の古代日本、古事記、日本書紀
発売元:星雲社
〒112-0012
東京都文京区大塚3-21-10
電話03-3947-1021
けいはんな文庫