モバイルパソコンQ/A
モバイルパソコンの構成を考えると、いろいろの方法があり、Q/A集のページを作成しました。
トップへ
モバイルパソコン活用例
モバイルパソコン構成例
モバイルパソコンQ/A
モバイルパソコンのUSB通信カード比較
通信時間カード「ドチーカ」のチャージについて
モバイルパソコン販売例(1の1)
モバイルパソコン販売例(1の2)
モバイルパソコン経費計算例(その1)
モバイルパソコン経費計算例(その2)

モバイルパソコンQ/A

背景:私が今回購入したモバイルパソコンですが、なかなかパソコンといい、通信カードといい、さらにケースも含めると、われながら絶妙な構成例と感じいって、ついつい他の人に自慢したくなり、気心の知れた人に機会あるごとに構成例を吹聴・説明している。そうした中で、何人かの人から質問がでた。メーカーや扱っている販売店に聞くのが一番適性な方法であるが、私なりに回答をしたものをQ/A集とした。間違い、あるいは他の回答などがあれば、ご指摘いただければありがたいです。

Q1、これ「DoociCA]は何て読むの。商品名?

A1、「ドッチーカ」と読むようですね。私は読みやすいように「ドチーカ」と発音しているけど。

Q2、何か、意味があるんかな〜?

A2、「う〜ん。よくわからへん。多分やけど機能が二つあって、どちらかを選択できるようにしてあるから、こんな名前をつけたんとちがうかな。」

Q3、機能って

A3、今、説明したNTTドコモの電波が届く範囲なら、インターネットに接続できる機能。これが一つの機能。それと、無線ランスポット、bスポットっていうらしいんやけど無線の基地局に直接接続する機能。この二つの機能が選択できるようになっているんやな。

Q4、なるほど、NTTの電波が届くとこで使えるんなら、それだけで十分やね。bスポットはどちらでもよいか。

A4、bスポットはNTTドコモがカバーできないところでも、無線LANサービスができるように基地局を設けたものらしい。一部の新幹線の中とか、駅構内とかやね。ただし、料金は少し高く設定してあるようやね。

Q4、モバイルパソコンのモバイルってどんな意味?

モバイルは「持ち運び可能な」というような意味じゃないかな。英語ではmove+able=MOVABLEというような感じかな。だからモバイルパソコンというときはB4版で3kg程度のもでもモバイルの範囲に入ると思うけど、3KGは結構重たくカバンに入れて気楽に持ち運ぶというのは、なかなか大変なんやな。

今回の富士通のLOOXシリーズは形状がB5版、重さも1.2KG。カバンにいれて持ち運んでも違和感はないね。もっともこの手パソコンは少し前まで20〜30万円したように思ってたけど、ここへきて東芝、DELL、NECなど各社から出ているからね。

Q5、持ち運び用のカバンは必需品?

なくてもよいが、やはり安全気軽に持ち運ぶためカバンにいれておいた方がよい。

私はレナウンのシンプルライフのブリーフケースを選んだけれど、おしゃれ感覚なら吉田カバン製などがいい。もちろんパソコン専用のカバンも電気店などで売っている。

Q6、B−モバイル3Gとどこがちがうの

説明後、2〜3日後にこの質問を受けました。

通信費用はB−モバイルが6円/分、ドチーカ10円/分で、ドチーカの方が高い。しかし、ドチーカは機能が二つある。b−スポットを利用できる機能がある。

Q7、●●さん(私のこと)は何故、ドチーカを購入したの?

B−モバイルは初期投資が38,000円、一方ドチーカは14,000円。自分のライフスタイルとしてモバイルパソコンとどんな形でつきあうことになるかはまだわからない。

家庭内パソコンのインターネット常時接続契約、携帯電話契約などで通信費はいろいろかかっている。今回はこうしたモバイルパソコンのテストケースであり、携帯電話との補完関係などを検討するためなので、初期費用がよりすくないものを選んだ。どちらを選択するかは個々人のライフスタイルによると考える。もし、データ通信はモバイルパソコンにまかせ、携帯は電話、あと簡単なメールだけということになればモバイルの利用が増加する。

富士通ノートLOOX
ドチーカ
E−モバイル+LOOX
イオン高の原3F専門店
けいはんな都市クラブ事務局
メールアドレスの●は@に置き換えてください。