モバイルパソコン経費計算例(その1)
テレビ通販で宣伝されていた格安モバイルパソコンにつき、初期費と月額経費を合算してみた。その結果を掲載します。
トップへ
モバイルパソコン活用例
モバイルパソコン構成例
モバイルパソコンQ/A
モバイルパソコンのUSB通信カード比較
通信時間カード「ドチーカ」のチャージについて
モバイルパソコン販売例(1の1)
モバイルパソコン販売例(1の2)
モバイルパソコン経費計算例(その1)
モバイルパソコン経費計算例(その2)

コスト計算

初期費用はパソコン代4,800円、送料980円だけである。しかし、他に月額費用が2900円〜6880円のダブル定額制で2年契約となっている。

では2年間でかかる費用がいくらかというと、ダブル契約だから

■低い方は 4,800円(パソコン代)+980円(送料)+69,600円(月額2,900円×24月)=75,380円

■高い方は 4,800円(パソコン代)+980円(送料)+165,210円(月額6,880円×24月)=170,900円

となり、その差は結構ある。

低い場合

もし、75,380円で済めば、モバイルパソコンを普通に買えば、54,800円ゆえ、20,580円が維持費すなわち通信費ということになる。

通信費は月額で20,580÷24=858円となる。

これなら、かなり安い。

月額2,900円で使えるパケットは23,825パケット(3MB)とある。このパッケトというのが利用者にはわかりづらいが、これがどの程度かということはその概略がホームページに示してある。

23,825パケット(3MB)で使えるのは

@一般的検索サイトなら15ページまで

A50文字以内のメール送受信なら約30通まで

B音楽ダウンロードなら約1曲まで

これって、かなりしょぼいのでは、

自分が送信するメールは50文字以内が多いが、最近送られてくるメールとなると、500文字程度はあたりまえ、

ためしに、1MB程度の動画をダウンロードして開いてみると、数秒程度のものである。

23,825パケットは、時間にして10分程度、長くても20分程度と推測される。

以下 次に続く

富士通ノートLOOX
ドチーカ
E−モバイル+LOOX
イオン高の原3F専門店
けいはんな都市クラブ事務局
メールアドレスの●は@に置き換えてください。